乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
埋み火―Fire’s Out 埋み火―Fire’s Out
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2005-08

講談社

消防士大山雄大は、成り行きでなった消防士という仕事に特に情熱を感じないまま、早く現場から離れて事務職につきたいと考えていた。そこへおきた火災。幸い延焼はなかったものの、住宅内で独居老人が死亡。数日後、その住宅に花を供えに来ていた老人も、火災で死亡。さらにもう一件。同じような事件が。--これは本当に失火なのか?

と、冒頭のあらすじを書くとまさにこのとおりなのだけど、感触が違うんだよねえ。いかにもミステリみたいな出だしで、そう思って読んでいくと、半ばを過ぎた所で違うと気付く。普通のミステリなら、何故この連続失火が起きたのか、誰が計画を立てたのか、何故老人たちは死のうと思ったのか、そういうことがメインになっていって、全部明らかになったところでおしまいなんだけど、この話はさらにもう一段二段ある。

火事が起きてしまえば、消防士は否応なく命の危険にさらされる。救助した人に感謝されるとは限らない。勤務時間は24時間連続ということもある、非常に厳しい職場環境。チーム内の不協和音を放置していると、命に関わる危険性もある。

そんな厳しい状態で、でも主人公の心は、まっすぐで強い。昔やんちゃもしたらしいけど、その分人間に幅がある。主人公の親友の鬱屈加減も絶妙で、彼がいなければ話の色合いも変わったはず。なぞを解くだけの話じゃない、それぞれが生きていく話。そして、多少型破りでも、お互いに助け合うことでより強くなる話。

そして、本編とは少しずれるんだけど、うなったのはラスト近くの主人公と母親が語り合う場面。この母にしてこの子あり。こんな事いってもらえたら母としては最高だよなあ、とわが身を省みたりして。

面白かった! いい本読みました。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/259-a414a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。