乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

と、いうわけで2年目最初の本はこちら。

Sweet Blue Age Sweet Blue Age
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2006-02-21

できたてのセカイと、憂鬱な私たちの物語。いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集。(帯より)

この本、執筆陣がすごいです。角田光代氏はちょっと別格にしても、「図書館戦争」の有川浩、「少女七竃」の桜庭一樹、「夜は短し歩けよ乙女」の森見登美彦、と去年から今年にかけて話題になった作家の名前がずら~り。そんな中、大好きな坂木司氏の名前がある幸せ。

坂木司氏は、『シンデレラ・ティース』の冒頭にチラッと出てきたヒロちゃんの、夏休みバイトの顛末を描いた話。しっかり者のヒロちゃんが、バイト先でもやはり頼られてしまう話。「引きこもり三部作」とも少しだけ繋がってます。詳細は読んでのお楽しみ。

そして思いのほか当たりだったのが日向蓬「涙の匂い」。突然の転校で戸惑う女子中学生と、その先での淡い 淡~い恋心。イナゴとか、コークスストーブとか、小道具がいい。正直ほかの作家さんに比べると格下かなと思ったんですが、やはり先入観はイケナイようです。

(85点。この本からそれぞれの作家さんの本へ進むのがお勧めです




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/310-2a615d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。