乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

最近ああでもないこうでもないと苦労していたんですが、今日ようやくバナーが貼れるようになりました(無知なんです)。それに喜んでついうっかり今日の分の更新を忘れるところでした。危ない危ない。

三四郎はそれから門を出た 三四郎はそれから門を出た
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2006-07

三浦しをん氏の、本やマンガに関わるものを集めたエッセイ集。(けして昨日の反動で読んだわけではありません)

全体にあふれるのは、「それでもおりゃあ本が好きなんじゃあ! なんか悪いか!」と言わんばかりの荒々しい愛情。それもジャンル問わず。私も読書量は多いと思いますが、彼女にはかないません。

例を挙げると、「電車内で他人が読んでいる本を、自分も買って読んでみる。自分では選ばない面白い本に出合えるかもしれないし」と思ってやってみる。すごい。で、「カバーがかかっていると何の本かわからないので、推理力を鍛える」。・・・すごい。紙・書体・インク・天の処理の仕方などから攻めて、出版社を推理し、その後に著者を推理し、××ページのはじめはこういう文章で、と覚えて本屋に行き、片っ端から当たって突き止めるのだそうだ。多分私は新潮文庫しかわかりません(ひものしおりがついてるからわかりやすい)。あ、でも講談社文庫なら活字でわかるかも。コバルト文庫は少し紙が黄色いし・・・って、そうじゃなくて!

そこまで熱意を傾けて「本を読む」というのはすごいことだなあと思うわけです。

(87点。先達に敬意を込めて)

明日こそ小説の感想を上げたいな。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/324-f163a648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。