乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

なんか話題の作家さんだよなあ、読んだことないけど。そう思っていたのを、ようやっと読んでみました。

赤朽葉家の伝説 赤朽葉家の伝説
価格:¥ 1,785(税込)
発売日:2006-12-28

鳥取の旧家、赤朽葉家。労働者階級から望まれて輿入れし、「千里眼奥様」と呼ばれることになった万葉。その娘で族のトップとして中国地方一帯に名を馳せ、引退して漫画家へ転進した毛毬。さらにその娘のわたし、瞳子。高度成長・バブル時代を経て現代に至るまでの三世代の女性を描いた物語。

正直に言おう。読む前は「つまらなさそう」と思っていた。それほど大きな事件があるわけでなし。旧家なんてものには興味ないし。鳥取なんて縁もないし。普通の時代小説のように淡々と日常が語られていくだけなら、結構長いから途中で読むの苦痛になるんじゃないかとさえ、思っていた。

全然ちがう。脱帽。

まず、万葉の生い立ちの不思議さに引かれた。「山の民」に忘れられていった子供。拾われっ子とののしられても泣きもしない。地方都市の階級社会の底辺の方で、だれを恨むでもなく妬むでもなく、日々の勤めをこなす生活。千里眼の能力に振り回されてるが、それで彼女の芯が揺らぐわけでもない。苦労について語られないのは万葉が瞳子に語らなかったからか、瞳子が綴らなかったからか。嫁ぎ、出会い、子をなし、育て、心の中に潜んでいる悲しみについてはだれにも告げず、町の主要産業を支え続けて生き抜いた女性。装飾は少なめで淡々と語られているのに、引き込まれるように項をめくった。

何より、赤朽葉家の先代の奥様、タツのキャラクターがいい。万葉のように特殊な能力を持っているわけではないけれど、時代の流れを読む能力を持っていて、彼女が決めたことにはだれも逆らえない。でも暴君ではなく、ちゃんと夫を立て、嫁を大事にし、自分の受け継いできたものを次へ伝えることに全力を尽くし。可愛い、素敵なおばあさま。

一度引き込まれたら後はもう一気だった。瞳子の章はちょっとスケールダウンした感じもするけれど、現代の方が昔に比べて突出した人物がいないのも事実だし、時の流れを良くとらえた話に思う。最後に明かされる謎を持って、この作品をミステリと呼ぶ人もいるみたいだけど、そんなジャンル分けの必要ない、力を持った本。

(83点。個人的に思い入れがあればもっと違う評価でしょう〉




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
千砂さん、こんにちは。
読みました! これまで千砂さんがこの作者の本を何回かとりあげていたので、図書館で手に取ったりしてみたのですが、帯を読んでもいまひとつ食指が動かずいたのです。
でもでも、ようやく読んでみたら、引き込まれました~。昨日は一日、赤朽葉家のあたりをふらふらとさまよっていたような(笑)。
読んで良かった(^^♪ どうもありがとう!

2007/12/15(土) 09:45:56 | URL | ここ [ 編集]
>ここさま
私もこの本、最初敷居が高い感じでした。
「本当に面白いの?」って。
でもよんでみると面白いんですよ。「このミス」とかの賞に選ばれてるのも納得。

お役に立ててよかったです♪
2007/12/15(土) 10:31:04 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/334-4b137b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。