乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

「図書館戦争」シリーズのスピンオフ作品。図書館内乱中に出てくる作品を実際に書いてみました、ということらしいです。

レインツリーの国 レインツリーの国
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2006-09-28

今回ネタバレありです!

伸行は、昔好きだった本の感想をネットで調べてみた。そして、「ひとみ」という女性の書いた感想に、意見をメールしてみる。と、即返事が返ってきた。それをきっかけにメールのやり取りが始まり、それは伸行の中で恋へと変化しはじめる・・・。

得意の飛び道具を封印して書いた話、ということですが・・・。ストーリー自体は、まあちょっとありがちな展開ですが、割と好きなタイプです。問題は他の部分。

と、いうのも。あちこちで書いてあったんで言っちゃっていいと思うんですけど、ヒロインのひとみさんは聴覚障害者です。なので、障害を気にしないですむメールでのやり取りというのはとても大切な部分です。でまあ、恋愛ものの定番として、途中でメールを使ったケンカの場面なんかがあるんですが。

このメールが、底が浅い。

「この性格でこの文章書くか? これ読んだら彼女は怒るだろうな、くらい予想できる男だろう」と思ったら、やっぱりひとみさんからは怒りと悲しみのつまった、その分文章を選んでない無神経なメールが来ることになって、こじれていく。わたしはここを、「この二人にはここですれ違ってもらわなきゃ」という作者の作為丸見えの場面として読みました。「いや、ちがうよ、彼は無知だからこういう言葉を選んだんだよ」という反論もありかと思いますが、私はそれなら、型にはまった「無知」を演じさせてるだけじゃない、と言い返します。

作者の中でこの作品・作品のテーマは消化されてないんじゃないかな。難聴者について書くぞと決めて取材して、取材中に拾ったネタを生のまま並べて、上からオブラートかけてみました、って感じ。でもやっぱり生は生。上手く料理できれば何倍もおいしくなるのに、急いじゃった。

もったいないな~。

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/354-1fc23fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。