乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

突然4巻から読み始める人はまずいないと思うのだけど、一応注釈しておきます。この巻は、3巻の続きです。むしろ前後編といったほうが近いかも。なので、感想も3巻を読んでいる前提で書きます。未読の方は注意してください。

ドリームバスター 4 (4) ドリームバスター 4 (4)
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2007-05

地球人の夢の中に潜り込むテーラの犯罪者たちを捕まえる賞金稼ぎ、ドリームバスター。シェンとマエストロのコンビは時間が結晶化しているという時間鉱山で、心中未遂のカップル・キエとユキオ、少年ヒロムに出会う。マエストロは装備等を整えに一度テーラに戻ることに。シェンは三人を助けるべく、鉱山の中に挑むが、そこに宿敵のローズが現れて・・・。

ストーリーも人物も全然関係ないんですが、「ブレイブストーリー」とちょっと同じ香りがする。あきらめないこと、自分を信じること、友人を思いやること。言うのは簡単だけどやり遂げるのは難しいこれらのことを、異世界を通して一つずつ学習する。生きるために、目前の困難を一つずつ乗り越えていく少年の話。

それはもちろんヒロム少年を主眼に置いた説明なのだけど、シェンもちょっとこんな感じかな。生い立ちのせいでちょっと斜に構えたところがある彼だけど、ドリームバスターの仕事を通して出会った人たちに影響を受けていってる感じがする。

そして、ローズ。シェンの母親、史上最大の犯罪者。彼女が今回の影の主役っぽい。意味ありげに登場していろいろするんだけど、シェンの側からは彼女の意図はわからない。どうやらこれが続巻のテーマになるみたい。

すっごく斬新なファンタジーを求める方には向いてません。とても良質な作品ですが。

あと欲を言うなら、もう少し間を空けずに続巻を・・・。というのは多分無理なので、(宮部氏はこのシリーズ外にも精力的に作品発表してますから、このシリーズだけに集中しろというのはわがまますぎ)、4巻読む前に、記憶があいまいなら3巻読み直しておいたほうがいいと思います。そして5巻が出たら3巻から順に読み直すのだ。

(78点。私はこの手のファンタジーが好き)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
実は今、借りてた2・3巻を読み終えたとこ。4巻はなかったんだよな~。
シェンだけでなく、リップも気になる登場人物だし、あー、早く続きが読みたいっ!!
それにしても・・・
ICOも、ブレイブストーリーも好きで。
「霊験お七」シリーズも好きだし、「ぼんくら」とかも好きだし、もちろん「マサの事件簿」シリーズや「名もなき毒」シリーズも好きだし。
しかしなんて多才なんだろう、この人って。と引きづり込まれるように読みながら思うんだ。
ね?
2008/08/04(月) 18:06:36 | URL | kaz [ 編集]
3巻でやめなきゃならないのはもどかしいでしょう! すごく引きが強いもんねー。
4巻でひと段落するよ。頑張って探して読んでください(`・ω・´)ゞ

私は宮部みゆきなら「蒲生邸事件」か「火車」かな。「長い長い殺人」も好きだなー。
2008/08/05(火) 01:26:13 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/358-aaa77d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。