乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

この本は装丁が絶妙。虫食いのような、古びた演出。イラストとかより、ずっと雰囲気でてると思います。

むかしのはなし むかしのはなし
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2005-02-25

ホストが、客の女どもに貢がせた挙句に暴力団に追われるようになった顛末。「ラブレス」(かぐや姫)

十二歳違いの叔父に恋した女の子が、心境を語る。「ディスタンス」(天女の羽衣)

など、昔話をモチーフにした短編集。「 」内が短編タイトル、( )内がモチーフ。

最初の数編は独立してるんだけど、読み進むうちに関連が見えてくる。それぞれの短編は入り組んだ話でもなく、あっと驚く仕掛けもなく、さくさく進むんだけど、「この話のここに繋がってるのか!」と気付くと読み返したくなる。バランス感が絶妙。

個人的には「ディスタンス」がよかった。よくある話なんだけど、おちも先読みできるんだけど、淡々と語ってる少女の心境が・・・ゾクリ、とした。

自分を人に語るということの、面白さと怖さが同居した本。

(73点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/368-d8fed409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。