乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

芥川賞受賞作、ということで名前は知っていたんだけど手を出さずにいた本。ためしに、読んでみた。

蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2) 蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)
価格:¥ 399(税込)
発売日:2007-04-05

高校生のハツは、いじめられているというわけでもないのだけど、クラスで孤立していた。もう一人仲間のいないにな川に、家に来るよう言われてついていったハツは、そこで「マニア」なにな川の正体を知る・・・。

ごめん、正直、「またか」と思った。クラスに溶け込めない主人公。孤立したいわけじゃないけど、グループの子に合わせて笑ったり、空気読んであわせたりするのに疲れた女の子。・・・本当に今の子こんな感じばっかりなの?

だけど、後半はどんどんよくなった。オタクなにな川。友人と付き合うより、グラビアモデルのことで頭いっぱいにしてるにな川。主人公の、にな川に対する気持ちの描き方がいい。くさいと解っているのに靴のにおいをかいじゃうときのような、気持ち悪いと解っているのに河原の石をひっくり返してうごめく虫を見るときのような、不快なんだけどそれだけじゃない気持ちを抱えて、にな川に近づいていくハツ。というか、特に近づこうと考えているわけじゃないんだろうと思うんだけど。

ストーリーが終わっても、何か問題が解決するわけじゃない。これからも同じような日常が続いていく・・・。多分、これがリアルなんだろうと思う。

薄いし、語り手が若い女の子で難しい言いまわしなんかもないんで、あまり本を読まない方にお勧めしたいです。

(72点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/376-8a1a229d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。