乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

ハリーポッターが売れ始めたころから、目立つ売り場に置かれるようになった児童向けファンタジー。その中でもひときわ目立つ表紙がこれ。

タラ・ダンカン 若き魔術師たち(下)

タラ・ダンカン 若き魔術師たち(下)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2004-07-02

(表紙のインパクトで下巻採用)

タラは、おばあちゃんと二人暮し。不思議な魔力を持っているが、祖母も含め大人には内緒にしている。ある日の深夜、タラの家を悪魔たちが取り囲み、タラは別世界・オートモンドに逃げることになる・・・。

冒頭に、ハリーポッターって書いたけど、どうしてもこの手の作品って、比べながら読んでしまう。そして、大きな流れは似ているんだ、これがまた。

主人公はローティーン→コントロールできない魔力(どうやら血筋の問題?)→異世界へ→魔力について学ぶ→主人公、友人を得る→過去退けられた魔物が復権のため暗躍→主人公と友人窮地に→知恵と勇気と友情で乗り越える→大団円と思いきや、まだ争いの種は残っている(以下続刊)、みたいな感じ。この作品がどうとかいう問題じゃなくて、まあオーソドックスなつくりだよね。

タラの友人たちも、非常に魅力的に書かれているけれど、「うわ~奇抜なキャラクターだなあ」というほどではない。一学年に一人くらいいるかもしれない、個性的な子達。

で、最大の難点だと思うのは、説明が足りないところ。母国では常識なのか、文章として未熟なのかは判断できないんだけど、せっかく魅力的な別世界に移動したのに、状況がいまいち見えてこない。タラが早く順応しすぎ。

と、否定的に感想書きましたが、児童書としては合格点な本だと思います。楽しく読めたしね。女の子が大活躍する本ってのも、あっていい。この手の本読みつけてる人には、ちょっと刺激が足りないかとも思うけど。多分、続きも読みます。

(70点)

ただし、この表紙はいかがなものか。作品内容とあっているかどうかというより、表紙絵の魅力でその手の趣味の人に手にとってもらおうというのが丸解り。出版社の体質の問題でしょうか?




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
千砂さん、こんにちは。
この本の表紙については、息子と私は、この表紙のせいで、手に取るのをためらってました。
何だか、かるそ~な、子どもっぽい感じがして。
読んでみたら、意外におもしろかったってとこです。
点数は同じく70点くらいですが。
千砂さんの言う「その手の人」って、どんな人なのでしょう??
2007/08/20(月) 21:14:19 | URL | ここ [ 編集]
>ここさま
イラストレーター名で検索かけていただけると解ると思いますが、このイラストを書いている方、ゲームやアニメのキャラクターデザインを手がけている方です。同人誌界でも有名なようです。私にとって「萌え系の人」というイメージがあります。ネット通販のレビューページなんかをみても、「表紙で即買い」なんてこともかかれてます。
作品にとってはいい事ばかりじゃないと思うんですけどね。
イラストレーターのファンの方、失礼な書き方ですみません。
2007/08/21(火) 10:44:28 | URL | 千砂 [ 編集]
千砂さん、お返事ありがとうございました。
そうなんですね~。全然知らなかったデス。
2007/08/21(火) 20:56:43 | URL | ここ [ 編集]
>ここさま
ワタクシ、知ってる時点でマニアの要素があると打ち明けたも同然なんですね? いや、隠してたつもりじゃないんですが。
どうぞ、これに懲りずにまた来てくださいね~。
2007/08/22(水) 10:40:42 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/384-3876f987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。