乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

渡辺さんは、新刊が出るとなぜか読んでしまう作家さんの一人。普段の読書傾向とは一致してない気がするんだけど。

魔性 魔性
価格:¥ 1,785(税込)
発売日:2006-11

珠代は、二十九歳の元OL。親には内緒で仕事をやめ、半引きこもり状態で、OL時代の貯金を食いつぶす日々。その彼女が唯一積極的になるのが、仲間とJ2チームのトラヴィアータ川崎の応援をするときだけ。ところが、最も贔屓にしているFW、レオ様の誕生日に、一緒に弾幕をかけて応援しようとしていたありさが殺された。翌朝、ありさの名を騙ったメールが届く。犯人は、ひょっとして、サポーター仲間の中にいる・・・? 引きこもりから足を洗って、調査に乗り出す珠代だが・・・。

渡辺氏の書く物語は、「女性の再生」の物語が多い。夫の暴力・アルコール中毒・不倫など、原因はさまざまだけど、人間らしい生き方をしてない女性が、何らかの事件を経て、自分を取り戻す話。この本もそんな感じです。

サッカーに興味がないと、最初とっつきにくいかも知れませんが、読んでるうちにそれほど気にならなくなります。ルールについてはそれほど出てこないので問題ありません。Jリーグチームとサポーターの関係については、そんなもんなんだ、と飲み込んでしまうのが一番かと。

ミステリとしての読み応えは十分とはいえません。一人の女性の成長物語としても、満点はつけられない。乗り越える部分があっけなすぎる。しかし、それでも丹念に珠代の周りの人間の裏表を書き込む筆力にはため息が出ます。読んでて、飽きなかったもの。500ページもあるのに。

ところで、作中にミチルという女性が出てきます。珠代に、事件についても生き方についてもアドバイスしてくれて、毒舌で、美人で、美容店を経営していて。私、ラストの方できっと、彼女の人生についてだとか、過去の事件についてだとか、あるいは今回の事件とのかかわりだとか、何かこう、明かされるもんだと早合点して読み進めていったんですが、そんなことはなかった。・・・ちょっと残念。渡辺容子が描く典型的なやり手の女性だけに、何かあると思ったんだけど。

(それとも私が読み落としているストーリーで主役張ってたりするのかなあ)

そして、読み終えてようやくタイトルの意味に気付く。・・・そういうことだったのね。

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/385-72e71e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。