乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

今さっき読み終えたんで、今日は追加でもう1冊。(2冊?)

タラ・ダンカン 2 呪われた禁書 (上) タラ・ダンカン 2 呪われた禁書 (上)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2005-08-03

タラの友人・カルが、殺人の容疑で捕まった! タルを助けようとするタラたちだが、カルの体内には「殺人ミミズ」が寄生させられて・・・。

すみません、この本、シリーズ重ねるごとに面白くなくなってってる。ほかの人はどうなんだろう? と思ってあちこちめぐってみたものの、おおむね好評なんだよねえ。「ハリポタの亜流でつまらん」という意見はあるにせよ。

で、考えた。私は何が不満なのか?

キャラクターは、嫌いじゃない。それぞれの個性もありだと思う。ストーリー展開も、まあ、魅力的。世界観が解らなくて戸惑うこともない。

じゃあ、何が? というと、多分、文章が。

けれんが足りないというのかな、「読ませる」文章じゃないんだよね。ストーリーの展開はやたらと速いし。盛りだくさんで面白いという意見もあるんだろうけど、すうっと流れていっちゃって、「あれ? こんな会話あったっけ?」とか読み直しちゃう。ここ、びっくりしてください、ってマークがついてなきゃ解らないほど読解力ないわけではないつもりなんだけど、この本については自信ない。

ゆったり、どっぷりつかって、「ここはこうなのかな~、それともこっち?」とか想像して読むにはいいのかもしれない。風景や、各人の表情を想像で補わなきゃならない部分が多い。そして、私の想像が、多分作者の意図と決定的にずれていっちゃうんだと思う。上手くピースがはまらない。

そして、残念ながら、「どっぷりつかって読もう!」と思うほどはキャラクターに魅力を感じない。1巻から読んでて、思いいれのある人にはいいのかもしれないけど。

(70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/408-d9c1c0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。