乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

いま、タイトル入力の際に指が自然と「ひがしのこうじ」と動いてびっくり。な~ぜ~だ~。全然ファンとかじゃないんですけど!

赤い指 赤い指
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-07-25

帰宅拒否症気味のサラリーマン、前原昭夫は、痴呆気味の母と、昭夫夫婦、中学生の息子の4人暮らし。ある日、至急帰ってきて欲しいとの電話を受け、しぶしぶ帰宅すると、そこには小学生の女の子の死体が・・・。犯人は、中学生の息子。警察に届けるか、何らかの工作をするか、ぎりぎりの決断が昭夫に迫る。

はい! 質問です! これは狙って書かれたものなんですか?

特に前半、少女の死体をなんとかして、警察官がやってくるまでの場面、「本当にこれが東野圭吾か?」と思うような出来。もともとキャラクター移入型の小説書きではないけれど、昭夫の家族がみんな小憎らしい。妻も息子も自分勝手だし常識ないし、でも最近の小説ではたまに見かけるような感じ。逆に何かのメッセージ? とか考えちゃいました。

というか、主人公の昭夫自体がキャラクターとして魅力ないよね。

すらすら読めるんだけど、この作品に限っていえばそれは評価を下げる。普通の倒叙型ミステリみたいに「ここがトリックが見破られるポイントだな」とか、考える余地すらないもの。「これは普通にばれるよ」って感じ。かといって刑事の方にも肩入れできる要素はないし。

「女王国」読んだあとだから? とか考えたけど、関係ないと思う。

表面をさらっとなでただけの「ミステリ風小説」。家族の真相も、伏線が不十分な感じ。

(70点)

私ならこれは「東野圭吾読んだことないんですー」って人には薦められない。こんな作風なんだ、と思われたら嫌だから。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
読みました
これ、私が読んだ東野圭吾の2冊目で、1冊目が「容疑者Xの献身」
確かに始まりのあたり、んん??と言う感はいなめない?でも終盤、やっぱりぐいぐいくるものがあったような気がします。
2008/01/22(火) 10:31:21 | URL | kaz [ 編集]
>kazさま
今、自分でこの感想を読み返してみて、「だって東野圭吾のミステリならもっと書けるはずじゃん」という叫びが聞こえてきます(^_^;)

ミステリじゃない東野圭吾作品も好きなんですが(「秘密」・「手紙」は秀逸。泣ける)、やっぱミステリらしいミステリをかいて欲しい! ただ、緻密に組み立てられたロジック系の小説は最近あんまり書いてませんね。興味が移ったのかなー。
2008/01/22(火) 11:08:38 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/447-80004dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。