乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
行きつけの本屋に「売り上げランキング」ってあるんだけど、どこの本屋に行っても有栖川有栖氏の「女王国の城」は7~8位です。
どこの本屋でもランクインしていることを喜べばいいのか、1~3位を携帯小説に占拠されていることを嘆けばいいのか。微妙な順位。

それはさておき、今日の1冊。
ポーの話ポーの話
(2005/05/28)
いしい しんじ

商品詳細を見る

無数の橋がかかる泥の川。川で毎日うなぎを取るうなぎ女たち。その一人から生まれたポーは、母親たちに囲まれて成長したが、女ったらしの悪党「メリーゴーランド」とであって悪事に手を染める。そんな中、泥の川が氾濫を起こし・・・。

小説家ではない、「物語作家」いしいしんじの魅力の詰まった1冊。

正直言うと、全然論理的じゃないんです。説明が足りなくて「どうなってるの、これ」って思うところもいっぱいあるんです。でもそれは、書き尽くさないことによってうまれるイメージを大事にしてるからです。

ポーが何故、どろぼうをするのか。動物園の象にバナナをあげられるから。「泥棒をした罪悪感のつぐないに、バナナをあげに行こう」というメリーゴーランド。つぐないをするためには罪悪感がなくちゃいけない、そのためにはどろぼうをしなきゃならない、この歪んだ論理と、それを是とするポーの無垢な魂。

「クーツェ」に比べたらとっつきにくいかな? でも最終章の押し寄せるようなイメージの連続は、単純に心地いい。

(73点。作品に「酔う」のが好きな人向け)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
この話題に、うなぎのように食いつきます。
この本を読んだあとに熱を出したのを思い出しました。多分私は、論理的に読もうと悪戦苦闘していたのだなと、千砂さんの感想を読んでわかりました。
確かにイメージの氾濫という感じの小説ですね。このあたりから“いしいしんじ”さんが変化したのかもしれない(いい意味で)。

新しいブログのデザインもなかなか素敵ですね。私も見習わなければ。
2007/10/11(木) 11:55:33 | URL | ペンギン店長 [ 編集]
>ペンギン店長様
私のイメージとしては、ブラッドベリとかのちょっと古典なSFに近いムードがあると思います。「この世界ではこうなんだ」って丸呑みして進まないと駄目な感じ。
「ブランコ乗り」読もうと思ってるんですけどなかなか借りられなくて。文庫買おうかなあ。

このテンプレートは自作じゃないです、自作する知識もないです。下の方に作者さん書いてあります。
FC2はテンプレ豊富でいいですよー。カテゴリ表示の仕方とか、「これがほしかったのよ!」って感じで気に入ってます。
2007/10/12(金) 10:37:21 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/455-ccdc8762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。