乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
高野さんの本で、唯一読み逃していた本。

夢のカルテ夢のカルテ
(2005/11/30)
高野 和明+阪上 仁志

商品詳細を見る


銃撃事件に遭遇した麻生刑事は、悪夢に悩んでいた。意を決して心理療法を受けようとするが、実はそのカウンセラー来生夢衣は、他人の夢の中に入れるという能力を持っていて・・・。

どうでもいいんですが、この主人公の夢衣さん、どうしても「むい」って読みたくなる。本当は「ゆい」。

麻生刑事に好意を抱いた夢衣が、捜査に協力しながら、二人の仲が深まっていく話。
ミステリ要素はあるものの、どちらかというとおまけに近いものだし、犯罪も、残酷なものはほとんどなくて、さらっと読める。主人公二人の心情が細やかに書き込まれてるのも好印象。
「幽霊人命救助隊」ほどのインパクトはないけれど、しっかりしたつくりの佳品だと思いました。
(73点)

 
 
ここから追記。

この本が好きなら、若竹七海「製造迷夢」も好きなんじゃないかと思います。
こっちは、刑事とサイコメトラー(触れたものから相手の残留思念を読み取ることの出来る人)の恋物語。
若竹氏だけあって、こっちはかなりミステリ色強めです。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/467-6f28309b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。