乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
というか、「訳・村上春樹」の方がポイントな本。

キャッチャー・イン・ザ・ライキャッチャー・イン・ザ・ライ
(2003/04/11)
J.D.サリンジャー

商品詳細を見る


学校を退学処分になった僕は、ちょっとぐらい早くても問題ないと考えて寮を飛び出した。その後、数日の、「どたばたした」話。

名作と名高いし、あらすじは必要ないかと思うんです。

まず、読み出して。すっごく! 読みにくい文章だった。言葉遣いとか語尾とかがいちいち癇に障る。
私もともと、この主人公嫌いなんだわ。なんだこの鼻持ちならない男は。周りの人間に馴染めなくてこき下ろしてばかりで、努力知らずの怠け者で、自己中の嫌なやつ。
・・・ところが。読みにくいはずの文章が、この主人公の「嫌な感じ」を表現するのにぴったりな感じがしてきちゃうんだよね。不思議と。村上春樹の狙いが当たってるの?

ただし、多分、この本はもう読まない。
最近読んだ、「女性なら共感できるはず」の本の裏、「男性ならひょっとして共感できるの?」って本だった。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/490-13a8b326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。