乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は表紙が素敵なので、本屋で見かけたらぜひ裏表紙もご覧になってください。

スペース (創元クライム・クラブ)スペース (創元クライム・クラブ)
(2004/05/31)
加納 朋子

商品詳細を見る

お正月の買い物に生かされた駒子は、警備員のアルバイトをしている瀬尾さんと偶然会う。彼に「謎」をプレゼントすべく、手紙を送るのだけど・・・。 (スペース)
家族から離れて一人暮らしを始めた「私」は、となりあっているアパートからもれ聞こえてくる男性の声が気にかかって・・・。 (バック・スペース)

この本の評価は・・・すごく、しにくい。
一応、この本単独で読んでも読み物としての面白さはあるけど、絶対絶対駒子シリーズ(七つの子・魔法飛行)を読んでからの方が面白いと思うのだ。
瀬尾さんと駒子との関係とか、この本の出だしではさっぱり解らない。
そして、この本・・・出てくる「謎」、何が謎なのかわかりにくいんじゃないかしら。読みなれてる人なら途中で、「ああ、この××は○○のことだな」って見当つく。私はついた。そうするとここが不合理だから、こうなってこうなって・・・ああ、なるほど、って感じ(ネタバレを避けていると訳わからない文章になってしまう・・・)。しかし、その、最初の取っ掛かりがつかめないと、どういうこと?って思いながら読むんじゃないかなあ。
かといって、大学生の女の子の日常生活の話として読むかといえば・・・これは、お勧めできない。悪い出来じゃないけれど、もっと読ませる本はある。
結論。
ちょっと半端じゃないですか? 「モノレールネコ」の謎と長さのバランスがちょうどいいと思うんですが。

(・・・悩みつつ、70点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/500-e20ae97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
加納朋子、「スペース」(創元推理文庫) デビュー作「ななつのこ」で登場した駒子を主人公とする第三弾。前作は「魔法飛行」。 例によってどんな話かすっかり忘れていたが、「オランダ水牛の謎」と違って、これは前作を忘れているとちょっとわかりにくい。「スペース」「バ
2009/08/24(月) 15:24:20 | ひこうき雲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。