乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
やはり気になる作家さんは続けて読んでしまうなあ。

夜をゆく飛行機夜をゆく飛行機
(2006/07)
角田 光代

商品詳細を見る

谷島酒店の四女が主人公。二番目の姉が私小説で文学賞を受賞。前後して一番上の姉が実家に戻ってくる。親しい身内の死、大学受験、店の改装問題と、色々な事件があるけれど、それでも穏やかに流れていく時間。

ちょっと世間知らずの、物事をほんの少し斜めから見ている、バカ正直でかたくなな主人公。彼女に好感を抱けるかどうかで、作品の評価は大きく変わるんじゃないかな。
よく考えたら、一生に一度あるかないかの出来事が、この一年の間にいろいろ起きてるんだけど、それでも家族の関係は大きく変化しない。

「どうしようもなく、家族は家族」。
帯に書いてあるこの言葉どおりのお話でした。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/501-e3c4223c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私は夜空を飛んでいく飛行機を眺めるのが好きだ。 とはいえ私の家は空港からかなり距離がある。同じ宮城県内でも仙台市の南部なら、仙台空港に発着する飛行機を電車の窓からでも...
2007/11/14(水) 13:16:38 | ぱんどらの本箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。