乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
いしいしんじさんの本といえば、「原色使いの華やかな」表紙というイメージがあったのだけど、この本はちょっと違った。出版社のせいなんでしょうか。

雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)
(2006/02)
いしい しんじ

商品詳細を見る

雪屋のロッスさんは、雪を造るのが仕事です。ロッスさんの雪は、普通の雪より解けにくいんです。毎日、あちこちの街に行って、雪を作ります。どうやら世の中には、雪が嫌いな人もいるようですが・・・。(表題作より)

なぞタクシーのヤリ・ヘンムレンさん、調律師のるみ子さん、大泥棒の前田さんなど、いろんな職業の人の、小さな日常を書いた本。一編一編が短くて、長くても10ページ、短かったら1ページ半。でも短いからといって内容が薄いわけじゃなくて。
そしてこの職業が、ちょっと不思議。実際にいる職業の人でも、なんかちょっと違う。ほんわりしてる。
「物語作家」っていう以外に表現しようがないです。鮮やかな、それでいてちょっと優しいイメージに満ちた本。ああ、説明できる言葉が見つからないのがもどかしい・・・。

(75点。ゆっくりと一日一編ずつ読みたい)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/504-33bed3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。