乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
もとは児童書なんだよね? 普通の文庫ででてるんだ~。

キッドナップ・ツアーキッドナップ・ツアー
(2003/06)
角田 光代

商品詳細を見る


夏休みの第一日目、私はお父さんにユウカイされた。お父さんはお母さんと何か交渉してるみたいだけど、私には内容を教えてくれない。今日はどこにむかうの・・・?


このお父さんがもうダメ。ダメ男。もう絶対、給料日までまだ一週間あるのに財布の中身は300円、ってタイプ。中身は子供なんだろうなあ。
対する主人公は、ごく普通の女の子。ちょっと達観してる部分もあるけど、自分の知らない世界があることを実感してない、幼さの残る少女。
正直言うと、最後の結末に物足りなさを感じる部分もある。大人の交渉部分が十分に語りつくされないところとかね。
でも、この本の読みどころは、女の子の視線。
「どんなにだらしなくてもお父さんが好き」。でも、面と向かってはいわない、いえない。もちろんお母さんも好きだから、お母さんの前でもいえない。
いわないから気持ちが存在しないってわけじゃない。

それでも、旅に終わりが来る。
ラストの場面は、さみしくて、いとおしい。


(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
給料日までまだ1週間あるのに、財布には300円しか入っていないって……普通です。
ちなみに私は娘に「だらしないお父さんは大嫌い!」って言われてます。
2007/11/27(火) 14:21:50 | URL | ペンギン店長 [ 編集]
お邪魔します
>でも、この本の読みどころは、女の子の視線。
そうなんでしょうね。
そういうふうに全体像を振り返ってみると、
ずっと前の小学五年生の自分の視線が戻ってきて、
今いかに「大人の視線」の絶対性に自分が侵されていて、子どもたちに無理解の壁をつくっているかを思い知らされた気分になりました。
私もそのうちこれを取り上げてみます。
2007/11/28(水) 05:38:34 | URL | Guts [ 編集]
>ペンギン店長様
>給料日までまだ1週間あるのに、財布には300円しか入っていないって……普通です。

私も自分の小遣い用財布はそんなことありますが(涙)
このお父さんは生活費込みですよ。一昔前の大学生みたいだなあ、と思いました。
2007/11/28(水) 10:05:23 | URL | 千砂 [ 編集]
>Gutsさま
サイト、拝見しました。
割と感性が近い感じがしました。

ときどき児童の視線から書かれた本を読むのは、私にとって必要なことです。うちにも小学生の子供が二人いるんで、彼らから見た世界は私とは違う、ということを忘れないようにしたいと思ってます。

こちらからも、またお邪魔します。
2007/11/28(水) 10:13:43 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/513-be2ad9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。