乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)
(2004/06)
米原 万里

商品詳細を見る

1960年、小学校4年生のマリはプラハのソビエト学校にいた。激動する東欧、共産主義国。30年後、マリは友人たちを探し当てたが、彼女たちの人生は・・・。

ギリシャ人のリッツァ、ルーマニア人のアーニャ、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。一時期同じ国で同じ小学校に通っていたものの、彼女たちの人生はあまりにかけ離れている。「共産主義」、全国民の平等を目指した国たち。その中での人生。特権階級を存分に利用しながら、「これは差別ではなく区別」と言い切る女性。同国人に虐げられながら、自分のよしとする道を模索する女性。
無宗教で、これといった支持政党も持たず、なんとなく愛国心はあるものの、じゃあこの国に命を懸けられるかと聞かれたらまようだろう自分。否応なしに歴史の流れに巻き込まれていたこの小説の登場人物。
あまりに違って、だから余計に飲み込まれるようにして読んだ。
ここには私の知らない世界がある。

「さよなら妖精」、読み返してみようかしら・・・。

(残念ながら、70点。強くお勧めはしにくいなあ・・・)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/528-e934b352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。