乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ルポ系の本は弱い。何を読んでいいのかわからないから。これは、たまたま友人が読んでいた本。

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相
(2007/01/17)
福田 ますみ

商品詳細を見る


クレーマー保護者の虚言によって、彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。
2003年6月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担当児童を自殺強要や暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、「殺人教師」とまで報じられた。だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだったことが明らかになる──。
病める教育現場で偽善者たちが引き起こした、驚愕の冤罪劇!(帯より抜粋)

この事件は、めぐり合わせの悪さゆえに起こった事件。
教師の父母が、たまたま、クレーマーだった。
学校の校長等が、たまたま、「とりあえず頭を下げて穏便に済ませておこう」という考え方の先生だった。
担任教師が、「あの先生がそんなことするわけない」と思ってもらえるだけの信頼関係を、校長や他の教師と築けてなかった。
結果、マスコミの過熱報道が先行し、詳しい検証もされないまま、たくさんの人が鵜呑みにして、事件は大きくなり、「あの先生はそんな人じゃない」という子供の訴えは無視される。
悪いほうに悪いほうに転がっていく。

下手に隠そうとするからばれた時おおごとになるんだよ、というのは最近の偽装問題と共通点があるような気がする。

筆者のルポ能力は首をかしげるところがあるが、事件の劇的さに助けられて、「読ませる」本になっている、と思う。(詳しいことは続きを読むで)

この母は、「特別な自分」への憧れが強い人だったのだなあ、と思う。最初は多分、ちょっとした嘘。それに、「へえ、すごいですね~」という反応が返ってきて、どんどん嘘を積み重ねて言ったに違いない、と私は想像する。
そして、自分がすごい人でいるためには、「子供もすごい」と思われたい、でもうまくいかない、それは私が原因じゃない、じゃあ誰が? と思ったとき、いちばん手っ取り早い対象が子供の通う学校だったんだろうなあ。

(点数なし。事件に興味のある人はどうぞ)


ここから追記。

私が文章を読んでて引っかかった点。

内容的には冤罪の槍玉にあがった教師が、手記として発表してもさほど違和感のないものになっていること。つまり、客観性がない。校長はどう考えていたのか、クラスメイトの保護者はどう感じていたのか、保護者夫婦は弁護団にどういう話をしたのか、うらぎられた形になった弁護団はどう感じたのか、ここが書かれているとルポとして深くなる部分が、スルーされてる感じ。これは、裁判がまだ終わってない時点での出版のため、関係者が語りたがらなかったからかもしれないが。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/544-644091d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。