乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
年末年始用にとっておこうかとも思ったんですが、なんかやり残してる宿題みたいな気分になってきたんで、「小路幸也」氏の本、読んでます。

カレンダーボーイカレンダーボーイ
(2007/11)
小路 幸也

商品詳細を見る

目が覚めると、心だけ小学生の自分の中に戻ってた・・・。眠るたびに「過去」と「現在」の体を行ったり来たりする少年二人。過去の同級生を守るため、3億円事件の犯人から、現金を強奪する決意を固めるが・・・。

小学の同級生が、就職する段になって再会し、また友情を築く。これだけでも素敵な話だと思うのだけど、この話の中ではさらに、二人そろって過去の時代といったりきたりすることになって、目的は若干違うものの、一緒に行動する。もう、この設定だけで「面白いんだろうなー」と思った。


この本はネタバレなしで語るのが難しいので、詳細は追記にて!

(93点)
 
 
 
ここから追記。※ネタバレありです!※

過去で何か、違った行動をとるたびに、現在が変化する。自分の愛人だった女性が上司の愛人になっていたり、話をした記憶のない級友が急に仲良くなっていたり、自分の記憶は変化してないのに、周りの人間は変化している。
・・・これ、よく考えたら怖いです。
いつ地雷を踏むか? 周囲に「最近おかしいんじゃない」と思われないように、細心の注意を払わなきゃならない。
そのプレッシャーって、重い。なのに、リスクをしょってでも、助けたい友人。こういうとき、男の人って強くて純粋だなーって思う。

本の欠点に、「残りのページ数でラストまでの時間がわかる」ってのがあると思うのだけど、この本は、どうみてもラストまで乗り越えなきゃならないあれこれがあるのに、ずいぶん残りが少ない、と思った。
そしたら。当然あるだろうと思っていた3億円を奪うシーン、友人一家を助けるシーンが、「こうなった」って追憶数行で終わってしまった。
私の好みとしては、断然アクションシーンとか? 盛り上がりがあるほうが好みなのだけど・・・と、残念な気分で読了。

ところが。
本を置いて思い返すのは、最後の場面。
物理的には何も失ってないはずなのに、なくしてしまったものの大きさ。
自分の中にしか残ってない記憶。
消えてしまったいろんな人の記憶。

切ないわぁ。

本当に。

この話が面白いと思えるかどうかは、その人の人生経験にかかってるんじゃないか、とも思える。
誰かと共有しているあたたかい記憶。

この本、好きだ! でも、やっぱり肩透かし感はあるんじゃないかなーと思って、誰かに薦めるとかってのは・・・難しい、ですね。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
私も残りのページ数で、「結局、事件の日の前にタイムトラベルができなくなっちゃった」とか、そんな最後なのかな…なんて思いながら読んでました。と言うのも、読みながら、あの3億円事件をどんなふうに調理するんだろう?という方向に興味がいっちゃってたから。主人公たち云々よりも。
でも、最後のあの切なさに、やられました~。
あの前までは70点くらいだったのが、あれで、一気に点数上がった感じです。

2008/01/25(金) 06:19:15 | URL | ここ [ 編集]
>ここさま
あらら、同じ感じですね。
ストーリー展開はちょっと肩透かしなんですけど、ラスト3ページくらいがねえ・・・切ないですよね。
こういうことがあるから、小路さんの本はラストまで気が抜けない。
2008/01/25(金) 09:42:16 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/547-778104f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。