乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
外国の児童書って、面白そうなんだけどどれがいいのかよくわからない・・・。タイトルが面白そうで読んでみたんです、が。
幽霊派遣会社幽霊派遣会社
(2006/06)
エヴァ イボットソン

商品詳細を見る

世界大戦のさなか、家族そろって死亡してしまったウィルキンソンさん一家は、一人を除いて全員幽霊になってしまった。家族そろってすめる家を探していたものの、なかなか見つからず、下着屋に取り付いていたが、ある日、「幽霊の住む家を探してくれる」という会社にめぐり合い・・・。


タイトルをみた時は、「幽霊屋敷のアトラクションとかに幽霊を派遣するのかな?」と思ったんですよね。ところが、蓋を開けてみると、仕事として派遣されるんじゃなくて、落ち着く場所を探してる幽霊たちの話でした。
幽霊はたくさん出てくるんですが、児童書だからなのか、それとも国民性の違いなのか、全然怖くない(笑)。霊になっても、普通の精神活動をしているみたいです。

もっと劇的に盛り上がってもよさそうな気もしますが、やりすぎるよりはこのくらいでもいいのかな?

日本の作家さんにこの話はなかなか書けないんじゃないのかしらん、と思いました。やっぱ、外国ものも読むようにしよう・・・。

(77点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/575-f81f4f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。