乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
んーんーんー。どうにも辛口になっちゃいそうで、感想書かずにいたんですが、書かないでいるのも気が重くなってきました。スルーするには好きな本なんだよねえ。

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る


小説をモデルにしたと思われるテロ事件が発生した。作者の当麻は、このままでは良化委員会から執筆制限をかけられるとして、図書隊に保護を求めてきた。警備に当たることになった郁ら堂上班だったが、良化委員会の捜査は厳しく・・・。

※前作までを踏まえた感想になってるんで、用語などわかりにくい部分があったらごめんなさい※
シリーズ、第4弾にして完結編。ベタで恥ずかしいあれもこれもにも決着がつきます。

前作の「図書館危機」が戦闘シーンで盛り上がったので、「その続き」を期待していたことに、三分の一くらい読んで気付いた。全然違う話だった。そうだよねえ、いくら大きいプロジェクトがあったとしても、終わっちゃったら続くのはいつもの日常なんだよね、考えてみれば。
冒頭からあまあまシーンで、ちょっと照れちゃいました。

とはいっても、一人の作家を挟む形での「検閲する組織」と「抵抗する団体」の構図はわかりやすいし、はさまれている作家にも共感できる。図書隊の仕事としては「広い意味で」になっちゃってて、館内でのあれこれが見れなかったのが残念ではあるものの、もろもろの問題がラストに向かって絡まりあいながら解決に向かう流れは勢いがあって、いい。

ただ、若干ご都合主義な部分は・・・ある、と思うんだよね。

ただし、それは嫌味じゃない。本筋に勢いを持たせるために書かれなかったもろもろの部分がもししっかり書き込まれていれば、印象は変わっただろうと思う。
変な言い方かもしれないけど、「少女漫画的王道」を歩くためには、切り捨てる部分もある、というか。
主人公の活躍が主眼、というか。キャラ読み上等、って感じ、とまで言っちゃうといいすぎな気もするけど、でも基本姿勢はそんな気もする。

もうちょっともろもろの余韻が残ると嬉しかったんだけど。
(読者の妄想の入る余地、ともいう)

結論。

こういう話は大好きなんだーーー!!

(89点。エピローグがなくて、あの部分を妄想させてくれたら5点増しだった(笑))

ここから追記。

大まかにシリーズ全体をまとめてみると、

一作目が、「なんか本が好きなだけで図書隊に入っちゃいましたが、検閲と戦うということがどういうことなのかわかってなかった新人隊員が、ほんの少し覚悟を決める話」。
二作目が、「日常業務の地味さ、大切さと、本がつなぐ人と人との縁に気付き、仕事を愛し始めた隊員が、一枚岩ではない図書隊の暗部につかまって、周囲の人たちに助けられる話」。
三作目が、「今まで周囲に守られていた主人公が、自分で銃を持ち引き金を引くという責任と、それを支える使命感に目覚める話」。
4作目が、「主人公たちの活動で、行き詰っていた状況に風穴が開き、少しずつだが、目に見えて情況が好転する話」。

・・・大雑把にまとめるとこういう話だと思ってるんですが、どうでしょう?



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/577-844dd719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。