乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
何故この本を読み落としていたのか? 不思議。

瑠璃の契り―旗師・冬狐堂 (文春文庫 き 21-5)瑠璃の契り―旗師・冬狐堂 (文春文庫 き 21-5)
(2008/01/10)
北森 鴻

商品詳細を見る

店舗を持たない骨董業者の陶子。目を病んだ彼女の実力を試そうと、同業者が人形の売却を委任してきた。ところがその人形、品はいいのに何度も返品を受けているいわくつきの人形で・・・。 (「倣雛心中」より)


本当に、何でこの本落としてたんだろう。好きなシリーズなのに。
講談社ででてる「狐闇」の方は読んでるから、混乱したか? 不覚。

民俗学者「蓮丈那智」シリーズともつながりのある、骨董業界の裏話満載の短編集。「真」か「贋」かで価格が一桁も二桁も変わる世界だけに、腹の探り合いが楽しい。
そして、このシリーズは短編なので、解りやすいうえに、「ちょっと欲しいかも~」と思わせる、手ごろな骨董の話なのも嬉しい。(といっても、数万円はするんだけど)

シリーズ読む順番違っても、大丈夫だと思いますが、講談社の方のシリーズ読んでるとなお面白いかも。
(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/584-50ef6094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。