乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
月に一冊はこういう本を読もうと努力してます。なかなかどれがいいのか見当つかないのよ。

家族「外」家族―子どものSOSを診る医師たち家族「外」家族―子どものSOSを診る医師たち
(1997/07)
椎名 篤子

商品詳細を見る

これ、文庫ではサブタイトル「精神科に駆け込む子供たち」になってるんだけど、内容違うのかな?未確認です。

小児科や小児精神科に訪れる子供たち。拒食・不登校・強迫観念など、生きていくうえでの苦痛を病気というかたちで表現している。医師たちが子供のみならず家庭全体を治療することによって再生の道を探る、ノンフィクション。


子供を育てていて、親というのはこれほどに子供に対する影響力があるのかと、愕然とする時がある。毎日反省することはいっぱいなので、私はこの親たちの気持ちもよく解る。
白黒二元論で家庭は語れないし、絶対なんてない。
それでも、家族みんなで幸せになる為には、子供だけでなく親も、努力しないとダメ。
そんなことに気付かせてくれる本です。

今から10年前の本ですが、多分、今の「家族」のありようはこの頃より悪くなっているだろうと思います。
医療に携わる方の苦労には、本当に頭が下がります。

(ちょっと点数つけられない・・・)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/591-9001ebcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。