乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
しおん氏の本は、読みながらいつも「ああ、この人BL好きなんだろうなあ」と不届きなことを感じるのですが、この本もそうでした。

白蛇島白蛇島
(2001/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る

13年ぶりの大祭にあわせて、島に帰省した悟史。神主の代替わりも合わせて執り行う予定の島では、「あれ」がでたと不穏な噂が流れていた。名前を呼ぶことも禁忌とされる、「あれ」。幼い頃からこの世ならざるものを見てしまう悟史は、持念兄弟の光市、神社の次男の荒太、荒太の客の犬丸と一緒に、大祭が行えるよう奔走するが・・・。

分類的にはホラーな気もするけど、むしろ少年たちの冒険譚、かな。(ちょっととうが立ってるけど)
島という閉鎖空間で、ここでしか通用しない常識で暮らす人たち。宗教的なものが絶大な影響力を持つ島。馴染めずに出て行くことを切望する人、そこでしか暮らせない人。
私にはそういう経験はないのだけど、モチーフとしては大好き。
男性二人の係わり合いというものに思い入れがある文章っぽいのが、鼻につく人はいるかも、とも思いました。女性の夢想する男性同士の友情ってこんな感じなんですが。

(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/606-97e2b6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。