乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
図書館で借りてくる本は大体ハードカバー本なんだけど、ここに貼り付けるときは文庫版にしてますね。入手しやすいやつの方がいいかなあ、と思って。

片想い (文春文庫)片想い (文春文庫)
(2004/08/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る

大学のアメフト部OB回に出席した西脇哲郎は、帰り道で十数年ぶりに元マネージャーの美月にあう。彼女は「性同一性障害」で、今は男として暮らしている、と告白。そして、彼女はもう一つ、「殺人を犯してしまった、自首する前に昔の仲間に会いたかった」ともいう。美月の親友の妻と一緒に、美月をかばうことにする哲郎だったが・・・。

この本の中で「男性と女性の違い」というのは非常に重要なテーマなんだけど、冒頭の哲郎の妻の理佐子の行動が象徴的だなあ・・・なんて考えてた。
「せっかく男の体を手に入れたのに、警察に捕まったら女として扱われてしまう、可哀想」といった翌日には「でも見つからないように女の格好をしないとだめ」って言うんだよね。結局は単純に「つかまってほしくない」だけなのに、色々言い訳しようとして矛盾する。・・・非常に女性らしい感じ?
そして警察の裏をかくために、「今警察がどんな調査をしているか」を探る哲郎なのだけど、途中からトランスジェンダーの人たちのコミュニティがでてきて、視点ががらりと変わる。男性とは、女性とは。男性らしく生きるってどんなこと。女性らしさって何。そんな問いかけをはらみながら、殺人事件の真相に向かって進んでいくストーリー。難しいテーマを含んでいるんだけど、文章も登場人物の感情の流れも解りやすく、読みにくい感じはない。
「メビウスの輪」のたとえも秀逸。

ただ、哲郎がなんだかんだいっても「男らしさ」「女らしさ」にこだわり続けている感じはするな。美月の割り切れない気持ちは、多分哲郎には伝わらないんだろうなあ・・・。このこだわりが作者の確信犯ならいいけど、思い込みだったらちょっと嫌だな。

最終的に、昔の仲間の絆のほうが前面に出ちゃうのもちょっと物足りない感じ。
時代の空気的には冒険してる話だったんだろうと思います。

(とかなんとか言いつつ、80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
とても大好きな作品です。
いろいろな考え方をもっている登場人物が出てきていることによって、
「こういう考え方もあるんですよ」と多面的に考えやすく書かれていると
思います。

哲郎は常識人の代表なんだと思います。
様々な人物と触れ合うことによって「男らしさ」「女らしさ」についての
考え方が変わっていきますが、頭では理解していても心では理解
できていない状態なんでしょうね。
この哲郎の「こだわり」は、わたしは確信犯だと思っています。

現実にも、性の問題に限らず、「普通」でない人への差別的な対応を
してしまうことはよくあることです。わたしも自信があるとは言えません。
このような差別がなくなって欲しいと深く考えさせられました。

(うまくまとまらなくてすいません。)
2009/02/01(日) 01:47:16 | URL | 74 [ 編集]
>74さま
コメントありがとうございます!

私も好きな作品です。
ジェンダーの問題は難しくて 簡単に割り切れないですが
少なくともフェアでいよう、と思わされましたね。

こういう問題についての答えは簡単に割り切れるもんじゃないですけど

考えるというのは大事なことだと思います
2009/02/01(日) 22:33:43 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/619-66af7fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
またも東野圭吾作品読んでしまいました。片想いです。 これまでミステリーっぽいのば
2008/03/02(日) 20:48:36 | いなかもの
【新品】[本]片想い/東野圭吾久しぶりに小説を読みました。→歴史小説以外人気作家の東野圭吾さん。ガリレオから読みたいところですが、ある人が薦めた『悪意』を読み、ついでにこの『片想い』を購入し、両方読みました。中身はたっぷり1冊600ページオーバー。『悪意』...
2009/10/26(月) 22:43:31 | 徒然趣味日記
まずは簡単なあらすじから。 帝都大学のアメフト部OBたちは 年に一度集まることにしている。 年々、参加者が減っていくのは 淋しいけれども致し方ないところ。 その席で決まって話題に上るのは、 最後のゲームの「たられば」。 やり玉に挙げられ...
2010/08/31(火) 23:30:34 | 23:30の雑記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。