乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
眠れない夜にこそこそ更新してみる(苦笑)。

はるがいったらはるがいったら
(2005/12)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る


自分をきっちり管理するのが趣味な、着道楽の姉、園。何事も「こんなもん」で流してしまう、良い子の弟の行。親の離婚によって別々に暮らす2人だけど、その間には老犬のはるがいて・・・。


登場人物が、みんな少しだけ「普通」からはみ出てて、そのはみだし具合がいい感じ。
たとえば園が、「すごくやせててうらやましい~どうしたらそんなになれるんですか~」って聞かれて、心の中で「そのチョコレート食べるのやめなさい、コーヒーに砂糖とミルク入れるのやめなさい、揚げ物ばっかり食べるのやめればいいのよ」と思うシーン。まさにその通りなんだけどそれは普通の人には出来なくて、でも出来ないってことがわからない園の心のありようが、子のエピソードだけで見て取れる。(そして、「でもこれを口に出してしまうともめる」ということも園はわかっているわけで)
そして対照的なのが行。体が弱くて、年に何回も入退院しながら育ってきて、色々なことを意識せずにあきらめてしまう。

目新しい設定ではない、とがっている小説ではない、なのに、2人とも「人間的」で「魅力的」に描かれているのです。うまく魅力は説明できないけど。
予想よりずっと面白かった。

(75点)
 
 
 
ここから追記。

ただし、不倫に拒否反応がある人は読まないほうがいいかと。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/624-3a005e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。