乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今月のまとめは事情があって明日になりますm(_ _)m

白の鳥と黒の鳥白の鳥と黒の鳥
(2005/02)
いしい しんじ

商品詳細を見る

なつかしくて斬新で暖かい。極上の短篇小説集を読む喜び。
物語の曲芸師いしいしんじが一篇一篇、魅惑的に語り進める、短篇小説の楽しさがぎゅっと詰まった珠玉の一冊です。 (出版社 / 著者からの内容紹介)

難しい言葉は一切使ってないのに、難しいんです。たった一文でも読み落とすと、世界がうまく伝わってこない。慎重に読み進めました。

いしいしんじ氏の中では、「人間」が特別ではないのだと思うのです。
川も海も、鳥も動物も、世界の中の一つの要素。
いかにこの繊細な文章を読んで、脳裏にイメージが浮かべられるか、が鍵だと思います。
今はやりの、わかりやすい小説とは一線を画してる感じがします。これは意外と、子供のほうが面白く読めるんじゃないかしら。

私が好きなのは「青と赤の双子」。この本の中ではちょっと浮いてるような気もします。どっちかっていうとブラックな話。悪意はなかったはずなのに、受け取る側にとってはむしろ害意。どぎつい、油絵の具を塗りたくったようなイメージが浮かんで、そこから離れられませんでした。

(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/629-5ec64650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。