乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ここからが3月期の日記になります(読んだのは2月だけど)。

小袖日記小袖日記
(2007/04)
柴田 よしき

商品詳細を見る

不倫相手に振られて破れかぶれになっていた主人公が、落雷のショックで精神だけ平安時代の「小袖」という女性に入り込んでしまった。この小袖、あちこちから噂話を集めては、源氏物語のネタとして執筆者の香子に伝える役目も持っていて・・・。

まず。
この主人公、源氏物語について、「なんだあの光源氏とかいう節操のない色魔野郎は! あんな反フェミニズム作品をあろうことか女が書いたというのだから、紫式部ってなんて嫌な女!」って考えてます。(だんだん変化していきますが)
この考え方に反感を抱く方は、この本、読まないほうが賢明です。

私は源氏物語に思い入れがないんで、楽しく読みました。源氏物語を日常の謎系ミステリとして読み解く話、として読んだ感じです。(異論のある方もいらっしゃるだろうけど)
このお話のこの辺がちょっと納得いかないのよね、的な解釈で書かれてるんで、あらすじ程度でいいから知ってるほうが、面白いかもしれません。

出てくるお話は「夕顔」「末摘花」「葵」「明石」「若紫」の5編。有名どころです。

そして、色々な女性の生き方を知ることによって、主人公が一段成長する話、でもあります。作中で3年経過してる割に、過去を引きずってる気もしないでもないんですが、まあその辺は限られた話数なので仕方ないかと。

(80点!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/631-26484fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。