乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「yom yom」を買ってみました。読むのに時間かかってます。雑誌の感想はここには書かないつもりなんで、今日は既読本から。

絶叫城殺人事件 (新潮文庫)絶叫城殺人事件 (新潮文庫)
(2004/01)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

「NIGHT PROWLER(夜、うろつく者)」と記された小さな紙片を、口の中に押し込まれ、次々と殺害される若い女。残酷な無差別殺人事件の陰には、カルトなホラー・ゲームに登場するヴァーチャルな怪物が―。暗鬱の「絶叫城」に展開する表題作ほか、「黒鳥亭」「壷中庵」「月宮殿」「雪華楼」「紅雨荘」と、底知れぬ恐怖を孕んで闇に聳える六つの迷宮の謎に、火村とアリスのコンビが挑む。(「BOOK」データベースより)

有栖川有栖、初の「~~殺人事件」というタイトルの本です。
なんといっても、表題作のタイトルがいい。絶叫城ってどんな建物? と興味がそそられる。・・・が、残念ながらゲームのタイトル。「館もの」ではないです。
短編なので挑戦状は入ってないものの、丹念に拾ってけば自力で推理のできるフェアな作品群。ロジカルでありながら、人間を記号として扱うわけではない、情の部分もしっかり。

私が好きなのは「紅雨荘」。ラストシーンの映像の、鮮やかで哀しいことといったらもう・・・。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/633-f3b2c26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。