乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ミステリに飢えてます。面白いミステリがよーみーたーいー・・・。

生存者、一名 (祥伝社文庫)生存者、一名 (祥伝社文庫)
(2000/10)
歌野 晶午

商品詳細を見る

鹿児島の遙か沖の孤島、屍島に六人の男女が降り立った。彼らは都内で爆弾テロを行なった四人の実行犯と二人の幹部だった。翌日、幹部の一人が船とともに姿を消し、残りの五人は文字通り絶海の孤島に閉じ込められた! 組織に対する疑心と、食料をめぐる仲間同士の暗鬼。やがて、一人また一人と殺されていく…。犯人は誰か? そして、最後に生き残る者は。(「BOOK」データベースより)

ミステリです。クローズドサークルです。孤島ものです。
ある程度知識のある方なら、「そして誰もいなくなった」を連想されるかと思うのですが、まさにそんな感じです。
テロの実行犯が一つの島に置き去りにされ、いつか組織が助けに来てくれるのか、くれないのか、食料はいつなくなるのか、そういう不安の中で殺人が起きるという筋立てです。テロに関わっているから、警察や海上保安庁に助けを求められないことになってます。やや強引な気もするけど、傷と言うほどではありません。
ストーリーの合間に、「すべてが終わった後、この島で死体が発見され、捜索が行われた」ことを示す新聞報道風の文章が挿入されています。そこで冒頭から、「生存者は一名」と書かれているんですね。
つまり、この作品中では全滅はない、誰かが生き残るんです。読者はそれを知っています。けれど、それが誰なのかは、最後の最後まで明かされない。考えながら読むのも楽しみの一つ。

叙述トリックの雄、歌野晶午の作品ですから、きっちり騙してくれます。こう書いても、読書中の興をそがない自信があります。何回かひっくり返されますから。「そうきたか!」な感じ。

それでいて、決して冗長ではない、コンパクトにまとまった構成。これぞミステリ! までいったらいいすぎか。

(85点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/639-cd79545d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。