乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
気がつくとこの作家さんの本も結構読んでるなあ。やわらかい語り口が好きです。

リボン (teens’ best selections 11)リボン (teens’ best selections 11)
(2007/11)
草野 たき

商品詳細を見る

亜紀は中学三年生。自分を主張するより、周りに合わせているほうが多いし、楽。部活ももう少しで終わるし、受験ももうすぐ。上手に自分を主張した先輩の様子を見て、自分探しが始まるが・・・。

第二ボタンをもらうのの発展系で、「尊敬している女子先輩のリボンをもらう」のが慣習になっている中学校。卓球部では、「先輩全員からリボンをもらう」のがマナーとされていて主人公の亜紀もじゃんけんに負けて仕方なくぜんぜん尊敬してない先輩にリボンをもらいに行くんだけど、「あなたが私を尊敬してるわけないじゃない」とあしらわれてしまう。
この場面の後、「私ならリボンがついたままで記念撮影されても笑えない」って思うところがリアル。この短い場面で、主人公が「人からどうみられるか気になる性格」で「人並みでいたいと思ってる」ことが解る。
そしてクラス替え。今までの友達と離れてしまって、一生懸命「一緒にいられる人」を探す場面とか、実際の中学生がこれ読んだら応援したくなるだろうなあ。

これといって目立つものがあるわけではない、どこにでもいる中学生の、それでもやっぱり「自分らしさ」はあるのだと、だからみんなも自分らしさを探そうと、そう静かに語りかけてるような作品。佳作です。

(83点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
同い年の物語で、すごくリアルでした。
私も周りに合わせるタイプだったので、すごく共感しました。
特に「クラスで一緒にいる人を探す」なんていうのは女子なら
誰でも一度は経験したことがあるはず。
83点は辛口ですね・・・。私が点をつけるとしたら95点!!
すごく良かったです。中学生だけでなく、お母さん世代の人にも
読んでもらいたい作品ですね。
2008/07/24(木) 13:56:36 | URL | 女子中学三年生 [ 編集]
コメントありがとうございます。

うーん、私にとって83点はかなり高評価です。
(他の作品の大半が70点台ですから。よほど面白いと思わないと80点台は付けません)
同世代の方が読まれると、余計リアルなのですね。

私、「無理に人に合わせるくらいなら一人でいた方がいいやー」という、
社会性にかける学生生活を送っていたもので、共感度が少ないのかもしれません(-_-;)
2008/07/25(金) 06:02:59 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/644-65694d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「先輩、リボンくださぁい」卓球部女子には、卒業式に先輩から制服のリボンを貰う伝統がある。人気があるのは、卓球のうまさよりも、断然彼...
2010/10/07(木) 10:13:38 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。