乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
こういう短編集って、どこまで説明入れていいのか、毎回悩む。

猫と魚、あたしと恋 (光文社文庫)猫と魚、あたしと恋 (光文社文庫)
(2004/09/10)
柴田よしき

商品詳細を見る

 不倫、万引き、覗き、睡眠傷害……。日常を生きるために、恋をまっとうするために、普通に“壊れて”しまう“あたし”たちをストレートに描く九編。 (出版社/著者からの内容紹介)

「猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう? 女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?」

「あとがき」にも帯にも書いてあるこの言葉以上に、うまい説明があるだろうか?
辛いのに、苦しいのに、恋を追いかけずにいられなかった女性たちが、ほんの少しだけ「壊れていく」様子を、抑えた文章で書いた話。
女性なら一人くらい共感できる人がいると思います。

(72点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/651-80708cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?辛くなく、苦しくなくて、面...
2010/12/22(水) 01:20:13 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。