乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
既読本なんですが、文庫が出たらしいのでこの機会に。

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫 あ 58-14)モロッコ水晶の謎 (講談社文庫 あ 58-14)
(2008/03/14)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

推理作家・有栖川有栖の眼前で起きた毒殺事件に、臨床犯罪学者・火村英生が超絶論理で挑む表題作ほか、クリスティの名作「ABC殺人事件」をモチーフに書かれた、連続挑戦予告殺人を追う「ABCキラー」、誘拐殺人の陰に潜む悲劇を描く「助教授の身代金」など、研ぎ澄まされた論理が光る有栖川本格全4編を収録。 (「BOOK」データベースより)


全4編というよりは、3編+掌編1作。短いのも業界内輪話みたいで面白いのですが、なんといってもこの本の白眉は表題作。

ホームパーティでおきた毒殺事件、毒は乾杯のコップから発見。毒を入れる機会は誰にでもあったが、被害者に間違いなくその飲み物を渡す方法がなかった、という王道の謎解き。
種明かしをされてみると、動機はありきたりなのだけど、被害者にそのコップを渡す方法というのが・・・「本格」だから許される、ぎりぎりの「そんなのありか」な感じ。あり、なんだろうなあ。「これはフェアじゃない」って言う人もいそうだけど、有栖川氏はこういうロジック好きだよねえ。

「助教授の身代金」もイントロから騙しの入る端正な作品だし、「ABCキラー」もパターンを踏んでいるのにしっかりひねってあるし、佳作ばかりです。

きっちり騙されて種明かしで「ああ!」というのが楽しいのです。大好き。

(88点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/659-593faedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。