乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は表紙がいいです。「引きこもり三部作」もよかったけど、こっちの方が気に入りました。

先生と僕先生と僕
(2007/12)
坂木 司

商品詳細を見る

怖がりの大学生、二葉は、ミステリ大好き中学生の隼人の家庭教師を演じることになった。が、この隼人、「家庭教師は必要ない」というだけあって、頭の回転も速く、さまざまな事件を発見して推理するのも楽しんでいて・・。


坂木さんらしい作品です。

冒頭に「引きこもり三部作」をひいたんですけど、そこはかとなく同じ香りがします。基本的に底抜けにいい人の主人公と、頭の回転の速い探偵役。
ただ、こっちの方がずっと健全ですね。
お互いに思いやる気持ちはあっても、もたれあう気持ちはないから、かな。

探偵役の隼人は、頭の回転も速いし、推理力もあるし、でも少し歪んでる部分があって、そこが坂木さんの味になっているのだけど、臭みを感じる人はいるかも。
二葉の人のよさにしても、怖がりにしても、やりすぎっぽいところはあるし。

それらを差し引いても、「推理もの」としていいの作品だと思います。
一話ずつゆっくり読むのもお勧めです。

(78点)
 
 
 ここから追記。


作中、「人が死ぬ場面が怖くて読めない」二葉に、隼人が「これなら大丈夫」ってミステリを進める場面があるんですが。
ええい、江戸川乱歩を薦めるくらいなら「北村薫」とか「加納朋子」とかの日常の謎系作家はどうした! と思いながら読んでたんですよね・・・。
「この本は今回の事件と似てるよ」って言いながら差し出すんで、日常の謎系作家の作品だと、作品自体が似通っちゃってダメなのかなあ、とも思いましたが。

私なら断然そうするのになあ。
その辺、隼人の趣味が歪んでるんだなあ、まだまだ子供だなあ、と思いました。
坂木氏がそれ狙って書いたんなら大拍手!

(ラストページは「それをここで出すか!」って驚いたけど)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
表紙も素敵な本でしたね。
2008/04/22(火) 20:35:49 | URL | 牛くんの母 [ 編集]
>牛くんの母さま
こちらこそありがとうございました。
面白いと感じる本が重なってると嬉しいもんです。
2008/04/23(水) 13:43:03 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/674-66283960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
坂木司の本は初めて読みました。「先生と僕」は、題名からはわからないけれど、ミステリーなのでした。 主人公の「僕」こと、伊藤二葉くんは...
2008/04/22(火) 00:27:35 | 心に残る本
装幀は石川絢士(theGARDEN)。初出「小説推理」。連作短編集。 大学生になった語り手の僕、伊藤二葉はミステリマニアの中学生、 瀬川隼人に...
2008/12/07(日) 23:22:51 | 粋な提案
管理人の承認後に表示されます
2014/02/26(水) 08:16:38 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。