乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
いつの間にそういうことになったのか、シリーズ最終作らしい。

香菜里屋を知っていますか香菜里屋を知っていますか
(2007/11/29)
北森 鴻

商品詳細を見る

ビアバー・香菜里屋。4種類の度数の違うビールと、マスター工藤の作る絶品の料理の店。持ち込まれる謎に対しても鮮やかな解決をみせる工藤だったが、彼にも切ない過去があった・・・。香菜里屋の店名の由来、工藤の過去が明かされる最終巻。

ああ・・・終わっちゃったんだ・・・。
鮎川哲也の五番館シリーズのように、いつ行っても変わらないマスターがいるお店だと思っていたのに・・・。

安楽椅子探偵は、持ち込まれたささやかな手がかりを元に謎をとく。
必ずしも、それが絶対の正解だというわけではなく、「こういう考え方も出来ますよ」という控えめな感じがこのシリーズ探偵役の工藤の売り。
探偵自身の謎が語られ始めたら、このシリーズは終わらざるを得ない。

だけど、なんか納得行かないなあ・・・。
「そういう過去」があったのはわかった。で、工藤さん。これからどうするの? そこがきれいに語られないから、大団円な感じがしない。

香菜里屋シリーズに冬狐堂が出るように、いつか、他のシリーズで、香菜里屋という名前じゃなくても、工藤という名前じゃなくても、こういうお店が出て、「ああ、工藤さんこういうことになったのね」ということになるんじゃないかなあ・・・。
それまでは、この割り切れない感じ、解消されないんじゃないかしら。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/691-4590a529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。