乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
いつも思うんだけど、ミステリーランドは函のデザインがいいよね。穴を開けて、本当の表紙がちらりと見えるようになってるの。アマゾンでは↓こういう画像になってるけど、ぜひ現物を見てどんな表紙なのか確かめてみてください。

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
(2007/07/26)
加納 朋子

商品詳細を見る

急に北九州に引っ越すことになった高見 森(タカミ・シン)。平屋が並ぶ社宅にも、北九州弁で話す子供たちにも馴染めずにいたのだけど、「パック」と名乗る子供に出会い・・・。
タイトルの「ぐるぐる猿」「歌う鳥」はナスカの地上絵から。
少なくともこれは狭義のミステリ、ではないです。解くべき謎があって、手がかりを求めていくタイプの話ではない。じゃあ何かというと・・・うーん、児童文学かなあ。
転校して、その土地に馴染めずにいる、でも腕白坊主の少年が、近所の子供たちと協力して悪巧みをしているうちに打ち解けあっていく話。ハックルベリイ・フィンとか、あっちの系統の話だと思います。

主人公のシンは、本当に腕白坊主で、考えるより先に体が動くタイプ。運動神経は抜群で、机に座っているのが苦手、というよくあるタイプの少年なんですが、語り口がほのかにやわらかくて、憎まれっ子というタイプではないです。これは加納氏の人柄かも。
同じ社宅に住んでいるココちゃん、トトキ、竹本5兄弟なんかも、「ああ、わかってるなあ」と思う性格付けで、まさにストライクな感じ。

作中に、「謎」と呼べるものはいくつもあるし、「探偵役」のような人物もいる。ちゃんとプロローグから引っ張ってきた謎もラストには解かれるし、はみ出してる部分はないのだけれど。
「序章みたいな感じだなあ・・・」って思いました。
人物紹介のお話、というか。まだこなれきってない感じ、というか。続編が出たら、面白そうだなあ・・・。
(期待を込めて、75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/693-e06cd95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。