乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
風邪で体がだるい時、「やっぱ休まなくっちゃね」と昼間っから布団にもぐりこむのはいいとして、結局読了本ばかり増えてちっとも眠れないのは何故だ? お前が悪い? ごもっとも。

月魚 (角川文庫)月魚 (角川文庫)
(2004/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る

古書店『無窮堂』の若き当主・真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。
瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。  「BOOK」データベースより

古本や骨董といった、良し悪しを「目」を持ってなければつとまらない仕事。親友だろうと家族だろうと、才能の有無によって上下が決められる、シビアな仕事。
料理人とか大工とかの、職人に通じるところもあるかな。
真志喜と瀬名垣は2人とも才能に恵まれて、若いながらもそれぞれ一つの店を切り回してる。
ある日、2人で協力して買い付けに行った先で、子供の頃の過ちの結果に向き合うことになり・・・。
ストーリーのここが素晴らしい! とか、ここのひねりが驚いた! とかって話じゃないのです。正攻法でストレートな話。

じゃあ、何がいいかというと、「ムード」かな。
過去の罪を2人で分け合い、お互いに責めることも許すことも出来ず、互いの姿を見るたびに思い出すのに離れて生活することも出来ない・・・。
この情の濃さというか強さというか、因縁の深さというか、危うい感じが、一部の乙女達の心を鷲づかみにするんだろうなあ・・・。厳密にはBL、ではないです。恋情みたいなものは書かれてない。その領域に入らないよう、ぎりぎりを狙った作品。
BLものは一切ダメだーというかたは、読まないほうがいいです。ちょっと入れ込んでる感じがします。が、「建築探偵」シリーズとか、「バッテリー」なんかの、「男同士の友情」(汗臭いヤツじゃなく、女性が考える「こんな友情あったら素敵よねー」ってヤツ)が好きな人なら好きだと思う。

微妙な評価だねえ・・・。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/695-76d2d45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。