乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
初読の作家さん。アンソロジーでよく名前は見かけるものの、1冊読む機会がなかなかなくて。なんとなくでも、手に取ってみてよかった。

東京・地震・たんぽぽ東京・地震・たんぽぽ
(2007/08)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

東京で、震度6強の大地震が起きた。そのとき、東京にいた人たちと周囲の人たちをめぐる、14編の短編集。

東京で大地震、起こるかもしれない近未来。この小説の凄い所は、あくまで市井の人にスポットを当てたところ。地震がおきて、政府や自治体がどういう反応をしたか、経済的なダメージはどうなったか、これ、一切ストーリーに出てこない。地震に合った人たちが、その瞬間・避難所生活で・震災被害者の家族として、どういう反応をしたか、どう思ったか、これをごくごく短く、一瞬だけ切り取った話。
情に流されず、淡々と描いてしまう迫力。その時の子供の残酷さ。非常時に浮かび上がる歪んだ人間関係。流される弱さ、踏みとどまる強さ。
この長さだから書けた話ばかり。いいもの読みました。
(88点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
こんにちは! 
いつも読ませていただいているのですが、コメントするのはお久しぶりです。
この本、さっそく図書館から借りて来て読みました。
最初の2編くらいは、「これで終わり?」と思いましたが、全部読み終わったときは、大満足でした。
こんな描き方もあるんですね~。
よい本を紹介してくださり、ありがとうございました。
2008/05/08(木) 18:49:27 | URL | ここ [ 編集]
>ここさま
そうなんですよ、雑誌で一編だけ読んだとしても、単行本を探して読もうとは思わなかったと思うんですが、
こうしてまとまったのを読んでみると、
「淡々と積み上げる」ということの迫力に圧倒されました。
参考になったようで幸いです。
2008/05/10(土) 15:12:18 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/705-7407378d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。