乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
福袋福袋
(2008/02/15)
角田光代

商品詳細を見る

人生に“当たり、ハズレ”なんてない!?  謎で不可解な届け物や依頼、または同僚や夫など身近な人の不可解さに出くわしたら、あなたならどうする?  8編の短篇をとおして、直木賞作家が開く、人生のブラックボックス。 (amazon内容紹介より)

これはあちこちの読書ブログさんで見かけて、角田氏の新刊は追っかけてないのだけど、珍しく図書館に予約入れてみました。
八編入ってるだけあって、全体にちょっと小粒な感じもしましたが、「よくこの場面を選んで書いた」と思うような短編ばかり。ちょっと皮肉で、乾いた筆致。角田氏らしい本。
最初の方の作品は「? ちょっと変かな?」って程度なんだけど、だんだん「変な感じ」が増加していくのがおかしいような怖いような。それでいて、「ちょっと偏執的じゃない?」というレベルでとどまっていて、「この人頭おかしいよ」まで行かない、線の引き方が上手い。

私が一番揺さぶられたのは「カリソメ」。こんな男、いたら怖い。(でもどこかにいそう)
そして一番好きなのは「母の遺言」。遺言の内容もさることながら、子どもたちの反応がどうしようもない感じ。

そして、確かにこの本に出てくる人たちはみんなちょっと変なのだけど、実際、私生活を覗き見たら、みんなこれくらい変なのかもしれない・・・。(我が家も)

(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/706-cbd5c9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。