乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
だから借りてきた順に読まないと、後で大変なことになるんだというのに。でも、「今これが読みたい!」と思って借りてきた本って吸引力あるんだよねえ。なので、予定を変更して、この本の紹介を。

九月の恋と出会うまで九月の恋と出会うまで
(2007/02/21)
松尾 由美

商品詳細を見る

「芸術家限定」のアパートに引っ越してきた私。現像したフィルムを乾かしていたら、エアコン用の穴から男性の声がしてきた。その男は、一年後の今から話しかけて来てるといい、頼みごとがあるというのだが・・・。

分類するならライトSFになるのかな? 松尾氏らしい、基本設定に大きくSF要素を入れ、でもストーリー展開は骨組みのしっかりしたミステリ。
一年後の未来から、「自分の後を尾行してほしい」とお願いする理由は何か。そして、彼は本当に一年後から話しかけてきているのか。彼の正体は?
読みやすい文章にまぶされた伏線。絶妙。読みすすめて、「ああ、あれはここにつながっていたんだな」と驚くのがミステリの醍醐味、非常に満足。ドカーンと大きい花火ではないけれど、きらりと光る描写がたっぷりあります。

それでいて、読み終えてみたら「恋愛小説」なんだよね。声しかわからない「一年後の彼」に恋してしまった私、この恋は実るのか。片想いの平野さんの心境が切ない。そこがいい。

男っていうのは、相手の知らないところで密かに尽くすんだ。

このセリフがいい! いいよ!

(80点。堪能しました)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/712-fc5fc84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
北村志織は、引っ越したばかりのマンションの自室で、怪奇現象に遭遇した。 ありえない場所から人が語りかけてくるのだ。「平野です」とその...
2010/07/29(木) 10:15:09 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。