乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんか最近行き詰ってるな、疲れてるな、と思ったら、アンソロジーを読みます。短編がちょうどいい感じ。

最後の恋最後の恋
(2005/12/20)
阿川 佐和子、角田 光代 他

商品詳細を見る

それは、人生に一度だけ訪れる奇跡。こんなに誰かを好きになるのは、この恋で最後かもしれない。どんな結果に終わろうと、永遠に輝きを失わない恋がある。“最後の恋”をテーマに、人気女性作家が個性と情熱で磨き上げた、宝石のような8つの物語。 (「BOOK」データベースより)

執筆陣は阿川佐知子・角田光代・沢村凛・柴田よしき・谷村志穂・乃南アサ・松尾由美・三浦しをん。
・・・正直に言いますと、阿川佐知子と谷村志穂は初読。(ひょっとしたらどっかのアンソロジーで読んでるかもしれないけど印象にない)それでいて沢村凛は読んでいる。バランス悪いなあ、私。

これはぜひ、「love is over」(欧陽菲菲)あたりをBGMに流しながら。「いとしのエリー」(サザン)でもいいかも。
「きっと、もう、これ以上人を好きになる事なんてない」がテーマのアンソロジーです。こういうちょっと感傷的なテーマなだけあって、結婚に絡めた話が多いです。
そんな中、松尾由美氏の作品は異質。大学の文芸部で発見された作者不詳の小説、描かれている恋は誰から誰に当てたもの? という、ミステリ調な感じ。作中作の鏡の話はなんとなく後味がすっきりしないものの、大学生の創作ってこんな感じかな、と思えます。

一番好きなのは冒頭、「春太の毎日」(三浦しをん)。コミカルなんだけどちょっと切ない、主人公(といってしまおう)の心境が素敵。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/714-4a872731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。