乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今現在5巻まで手元にあるんですが、とりあえず2巻分の感想を。

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
(2003/12)
桜庭 一樹  武田 日向

商品詳細を見る

西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。 (「GOSICK」  「BOOK」データベースより)

桜庭一樹の履歴を見ると、「この作品が注目を集め」と書かれていることが多いです。さて、どれだけ面白いのかと期待して読みました。

1巻。
「死神」とあだ名される日本からの留学生・一弥。ただしあだ名の由来は持って生まれた色彩が原因で、本人はちょっと生真面目なところのある少年。
図書館の最上階で退屈をもてあましている天才少女・ヴィクトリカ。小柄な体、レースとフリルで飾り立てられた服装、ビスクドールのような外見、不釣合いな嗄れ声。
まずこの2人の対比がいい。1920年代、ヨーロッパという時代背景もいい。
ホラーにもって行くのかと思いきや、きっちり「ミステリ」の枠の中で話が進み、アクションシーンのバランスもいい。
ちょっとオーソドックス気味の、しっかりした作品。シリーズ開始としては満点の出来。

2巻。
新聞の3行広告を見て、学院を抜け出し閉ざされた村に向かうヴィクトリカと、それを守る一弥。閉鎖された村の因縁と、ヴィクトリカ出生の謎が絡み、母の汚名をそそぐために過去の殺人事件の謎に挑むヴィクトリカ。完全に巻き込まれがたの一弥はちょっと気の毒なのだけど、2人の関係に変化が見えてきて面白い。

ライトノベルらしいイラストが添えられたシリーズ。私は邪魔な感じはしなかったけど、馴染めない人もいるかも。
謎とアクションと続巻への引きのバランスがちょうどいい、よくできてる話だと思いました。

「ミステリ」として謎の部分だけ取り上げても、伏線の張り方含め、過不足ない感じ。
割と短時間で読めるボリュームもちょうどいいです。
これ、リアルタイムで追ってたら、続きが出る日に本屋に向かってたことでしょう。

(2巻平均・78点)

ただ、今までに私が読んだライトノベルの中で、「これが一番!」という迫力のある本ではなかったかな。ライトノベルって一段低く見られてるけど、いい作品もいっぱいあるからさ。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/735-aeb64b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
イラスト:武田日向。富士見ミステリー文庫。 時は一九二四年、スイス・イタリア・フランスに囲まれながらも荘厳な歴史を持ち、第一次世界...
2008/06/15(日) 02:44:12 | 粋な提案
 以前「GOSICKs・春来たる死神」(桜庭一樹)を本ブログで紹介したが、その本編第1巻に当たるのがこの「GOSICK」である。第一次世界大戦の記憶がまだ新しい時代に、架空のヨーロッパ ...
2011/03/27(日) 20:49:50 | 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。