乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
畠中氏はすごく好きな作家さんなのだけど、この本のいい評判を聞かなくて、おっかなびっくり借りてみた。さて・・・。
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたりこころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり
(2008/01/22)
畠中 恵

商品詳細を見る

江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた――幽霊の身となって! 神田川でこときれた於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうちに、九人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩みが絡み合ってきて――ほんのりせつない大江戸青春恋物語。 (e-hon 内容紹介より)

悪くはない、と思うのよ。
幼なじみ9人の絡み合った恋模様を、巷で起こった色々な事件と絡めて書いた連作短編。
結婚年齢になって、恋と跡取り問題と商売の問題と、色々絡めながらそれぞれがこれからの人生を見出していく、という趣向。(何人か死亡してるけど)

ただねえ・・・。
ちょっと書き急いじゃった感じがするんだよね。ただでさえ人数多いというのに、それぞれの個性が余り全面に出てこなくて、「お店の娘でおっとりしている」とか説明されてるんだよね。・・・もったいないなあ。
それぞれのエピソードでは好きなものも多いし、栄治とお染の行く末なんかはどうなるかどきどきしたし、いい場面もいっぱいあったのに、「面白かった!」って諸手をあげられないのが残念。

(73点。・・・苦渋の点数)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/750-7b316ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
装画は、さやか。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」掲載。こころげそうとは、心化粧―口には言わないが、内心恋こがれるこ...
2008/07/24(木) 09:43:29 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。