乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
伊坂氏の本はいつ読んでも楽しませてくれるだろう事確定で、逆説的に「何か本が読みたい」時用にあまり読まないようにしている。同じ理由で買ってない本も結構あるのだけど、これ、ほかの人にも通じる理屈なのかしら。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
(2006/02)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス! (出版社 / 著者からの内容紹介)

なんといっても軽妙な語り口が魅力な作品。こんなに上手くいくわけないじゃん、とか言う反論が思いつかないほどテンポがいい。
そもそも、この4人、お金に困ってて銀行強盗をするわけじゃないのです。偶然、銀行強盗に巻き込まれて、その犯人のあまりの手際の悪さに、「俺ならもっと上手くやれる」と思って実践してみた、というあっけらかんとした感じ。この、突き抜けた感じが、風通しよく作中を貫いてる。
ところが、そのお金を別な強盗犯に持ち逃げされて・・・。
となると、普通、必死になって取り替えそうとするもんじゃないかと思うんだけど、そんなこともない。
「悔しいなあ」とは言うものの、実にあっさりしている。お金が必要な切実な理由はないから、「俺たちの計画は完璧だった」って言うところである程度の満足はしちゃってる訳。「まあ、横取りした人がどんな素性の人か興味があるよね」くらいの軽い感じ。
伏線もよく効いてる。これは最初の方に出てきたあれ、使うのかなーと思ってたら大当たり。それでも「そこが浅い」といった印象はない。

エンタメに徹した作品。こういうの大好き。
(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/765-59c648d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。