乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
表紙を見て「あ、角川の本だ」と思いました。何故わかった、自分。

壁抜け男の謎壁抜け男の謎
(2008/05/01)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

犯人あて小説から近未来小説、敬愛する作家へのオマージュから本格パズラー、そして官能的な物語まで。有栖川有栖の魅力を余すところなく満載した最新傑作作品集。(帯の解説より)

この説明文を読んじゃうと、もうこれ以上書くことはないかな、という気持ちもするなあ。
シリーズものではかけなかった作品のみを集めた、ごった煮の作品集。

私が印象に残ったのは、「彼方にて」。ちょうど、「虚無への供物」読んだとこだったんだよね。今までの有栖川小説の中にときどき垣間見える「この世界に絶望した人たち」の話を突き詰めるとこうなるのか、といった話。謎としては小さいけど、がつん、とくる。

今回の本は、こういう、「他の作家さんと絡んだ」作品が多くて、あとがきまで読んで楽しめるのがいい感じですね。

そして何より、ラストの「恋人」が。
官能小説を書くとこういうことになるのか、と感嘆。エロティックな描写はほとんどないのに、官能的。やられた、と思いました。

(75点。多分、ファンの人が楽しめる作品集)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/766-9dd2c91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。