乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
いしいしんじさんの本は、表紙も素敵。手に取るたび、「は~」と思う。

みずうみみずうみ
(2007/03/16)
いしい しんじ

商品詳細を見る

こぽり、こぽり。村の奥にあるみずうみから、月に一度水が溢れ出す。眠り続ける人達が、たくさんの情景を語り続ける。こぽり、こぽり・・・。

三章からなっています。
第一章。山奥の村、「みずうみ」の傍らで生きる小さな小さな村。この村だけのしきたりが、穏やかに村と暮らしを守っていたが・・・。ファンタジーらしい、やわらかいイメージの奔流。第一章だけでも物語としては十分。

第二章。タクシー運転手の主人公は、月に一度体から「みずうみ」を迸らせる。自分でも原因のわからない現象に悩まされる主人公だが、帳織りの女性と出会って・・・。
細かいディティールが現代風なのに、起こっている現象は「不思議」で、それでいて不思議と整合しているのがまさに不思議。

第三章。作家と、その周辺の人々。色々な国でそれぞれ生きている、ほんの少しだけつながりのある人たち。日常の枠からはみ出ない、ささやかな出来事・・・。

何というかね、一応説明も書いてみたんだけど、この本についてはストーリー解説とか必要ないと思います。「みずうみ」(これ、ひらがなじゃないとダメ)と、その周りに生きる人たち。圧倒的なイメージと、底を流れるやさしさとに、翻弄される話・・・かな。
ストーリーの整合性とか、あっと驚くおちとか、そういうものの必要のない、とにかくもう、読んでる間中ゆらゆらするような感じ。傑作です!(が、読者を選ぶ気は、する)

(そんなこんなで78点。私は大好きだけど、人に薦めるのは難しい)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/767-14d623fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
装幀・装画は池田進吾(67)。 初出・第一章『文藝』2005年冬号・2006年春号、第二章・第三章書き下ろし。2年ぶりの長篇小説。 ...
2008/07/20(日) 01:54:09 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。