乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
あさのあつこ氏、すごく好きな作家さんの一人で、ゆっくりとはいえ大体全部追いかけてて、新シリーズが出たらわくわくする作家さんの一人なのだけど・・・ええい、今回は辛口満載でいかせてくれ!

ヴィヴァーチェ  紅色のエイ (カドカワ銀のさじシリーズ)ヴィヴァーチェ 紅色のエイ (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
あさの あつこ

商品詳細を見る

灰汁色の霧に覆われる、近未来の地球。16歳のヤンは、最下層地区で暮らしながら夢を持っていた。親友ゴトとともにいつかロケットで宇宙に出るという。そのころ、海賊に宇宙貨物船が襲われたという報せが、ステーションに入る。しかもその海賊船、幽霊船だという・・・?(帯より)

ストーリーは、面白いのです。
近未来、環境汚染が限界をむかえてる地球。汚染された霧の中で生活している下層民、富を独占している国王と取り巻き。いつか、宇宙に出て、こんな地べたに縛り付けられた生活から抜け出てやる、と決意した少年たち。その決意に見合うだけの能力を手に入れるべく、ちゃくちゃくと努力を重ねているが、さて、報われるのか・・・。
類似した話をいくつかあげることが出来るけど、それでも情景が浮かぶような描写は好きな部類だし、主人公の性格も好ましい。とりあえず、ストーリー動き始めの第一話としては合格点。

なのだ、けど、どうにもはまれなかった。

民衆を見下し、激しい選民意識をもつ為政者と、そこから抜け出そうとしている少年・・・これ、NO6と同じ構造ではないですか? 「十二の嘘~」も、背中合わせの作品じゃないですか?
非常に、非常に生意気な事を言わせてもらえば、こういう、類似の作品を何作も書き始め、そして作者のキャパシティを越えて、ほとんどが未完のまま放置される・・・というのは、少女小説でよくあるパターン、なのです。特に、「新レーベル発刊にあわせて、宣伝代わりに名のある作家さんを起用」なんて場合には。
いや、放置というのは失礼な話かもしれない。私が思いつく作家さんは現役で作品を発表し続けているわけで、単にそのシリーズは休憩しているだけで続巻の予定はある、のかもしれない。でも、5年間が開いたら・・・もう、読者としてはあきらめてしまうよね。このパターンでちゃんと完結し、私がラストまで購入したのは新井素子氏の「ブラックキャット」シリーズだけ、だ。

話がそれた。

続きが、読みたいのです。
ちゃんと、彼らの人生を、「ああ、よかったね」と実感できるところまで、描いてほしいのです。
人生すべてとは言わないけど、ちゃんと納得させてほしいのです。
切望する、といってもいい。

どうか、いくつかあるシリーズ作品にちゃんと続巻が出て、予想を裏切るいい作品になって、私が前言撤回できる日が来ますように。
こんな暴言はいて馬鹿だったなあ、私、と思える日が、来ますように。

(80点。だから作品自体は好きなんだよねえ・・・)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/805-c391c27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。